企業向け調査会社【渚ビジネスリサーチ】実績とノウハウが違います。【渚探偵事務所併設】

よくある質問
無料相談

[受付時間]9:00〜20:00(土日祝は除く)

045-663-5020

RESEARCH CASE
調査事例

うつ病社員の実態調査(貿易会社)

依頼者プロフィール
氏名 角 龍也
年齢 50代
職業 会社役員
現状 都内の貿易関係の会社役員
対象者プロフィール
氏名 山下 太一郎
年齢 42歳
役職 会社員
依頼概要

依頼者が取締役を務める貿易会社の男性社員がうつ病を理由に休職してから6ケ月。
未だ、復職の目処がたたないという事で、担当役員である角氏は詐病で副業を営んでいるのではないか?そんな懸念もあり、社員の生活実態を確認した上で会社としての今後の対応を考えたいという。

依頼結果 

被調査人である山下氏は42歳の独身男性、住所は横浜市内のアパートで独り暮らしとのこと。
今回は終日の5日間、素行調査を実施し生活状況を確認する事となった。

山下氏は副業などの実態はなく、殆どの時間を自宅で過ごし、療養している様子が確認された。
また、交際相手と思料される30代後半女性が時折、本人宅を訪れ、2人で最寄駅前のスーパーに出掛け買い物をしている。
また、同女性も山下宅に宿泊する事様子も見受けられた。
本人が捨てたゴミなどから、通院の実態、処方箋服用もしっかりなされ、詐病の懸念材料は皆無であった。

近年、法人からの従業員がうつ病になり休職しているが、その実態を調べたいというニーズは増え続けている。
うつ病といいながら、同業他社の仕事を個人的に請負い従事する者や、ギャンブルに明け暮れている者も見られるが、今回のケースでは自宅療養している実態が結果としてあがった状況である。
仕事によるストレスなどから鬱状態になる者は多いが、専門家の適切の対処で3ケ月程で復職するケースも多いという。

うつ病に限らず、さまざまな理由で休職する社員を退職させたい企業と、会社を蝕む詐病社員の対峙による、実態調査の依頼は確実に増え続けている。

料 金

浮気調査Cプラン(35時間)  ¥450,000
調査実費 ¥15,600
消費税 ¥36,000
合 計 ¥501,600

依頼内容一覧

  • 従業員や退職者の行動確認調査
  • 社員の不正、サボり、情報漏えい実態確認
  • M&Aに伴う企業信用調査
  • 売掛金、工事代金の回収に伴う資産調査
  • 暴力団排除条例に伴いニーズが急増する反社会的勢力を含めたバックグラウンド調査
  • 損害保険金不正受給に伴う事実確認
  • 建設工事に伴う近隣対策調査
  • 新規取引に伴う企業信用調査
  • 労使問題に伴う人物調査
  • 集団退職の人員実態調査
  • 不動産売買や測量立ち合いに伴う登記人の捜索